安いカメラと安いレンズ。5000円のフィルムカメラで撮れた写真

安いカメラと安いレンズ。5000円のフィルムカメラで撮れた写真
2019年10月15日

「高いカメラの方が良い写真が取れる。」

これはぼくがカメラを買う前に、大きく勘違いしていたことです。

ぼくは今、NIKONのFG-20というフィルムカメラを使っています。購入時の値段は、レンズ込みで5000円

お金をかける余裕がなかったので、仕方なくオークションで安くてできるだけ状態の良いものを選びました。でもそれが、ぼくのお気に入り。

今回は、そんな「5000円のフィルムカメラ」で撮れた写真をご紹介します。

5000円のフィルムカメラで撮れた写真

ぼくが使っているフィルムカメラは、NIKON FG-20。レンズは同じくNIKONのSERIES E 35mmの単焦点レンズです。

4月に目黒川の桜祭りに行った際に、初めて撮影してきました。

NIKON FG-20作例

NIKON FG-20作例

NIKON FG-20作例

NIKON FG-20作例

NIKON FG-20作例

NIKON FG-20作例

NIKON FG-20作例

NIKON FG-20作例

ちなみに、これがファーストロール。初めてフィルムカメラを触ったぼくでも、これくらいの良い写真が撮れます。プロから見たら拙い写真かもしれないけれど、個人的には大満足。フィルムの楽しさを感じるには十分でした

しかも5000円。フィルム代や現像代はかかるものの、普通の一眼レフより断然手軽です。

フィルムの魅力を教えてくれた5000円のフィルムカメラ

お金がなくて、仕方なく選んだ5000円のフィルムカメラ。でも撮影してみると、思った以上に良い写真が撮れるし、何より安っぽさが可愛い。今ではすっかりお気に入りになりました。

まだレンズも1つしか持っていないし、今後新しいフィルムカメラを買うかもしれないけれど、フィルムの魅力を教えてくれたこのFG-20は、大切なカメラになりそうです。

お金をかけなくても、フィルムカメラは楽しめる

今回、撮影と現像にかかったお金は、カメラ代・レンズ代・フィルム代・現像代を合わせても、約7000円。一眼レフカメラなら、購入にも程遠い金額です。

それでも、十分にカメラを楽しむことができました。

だからこそ、「カメラを始めたいけどお金がない」という方にも、フィルムカメラを初めて欲しいなと思います。

もちろん、デジタルにはデジタルの良さがあり、フィルムにはフィルムの良さがあります。でも、スマホでも気軽に写真が取れる時代だからこそ、フィルムカメラでカメラデビューするのもありではないでしょうか。