Film Never Dieでフィルムを現像。実際に撮れた写真を紹介する【オーストラリア旅行記】

Film Never Dieでフィルムを現像。実際に撮れた写真を紹介する【オーストラリア旅行記】

2020年2月27日
オーストラリア

メルボルンにあるフィルムカメラ屋さん、Film Never Dieで購入したカメラ、SEAGULL SC−198。メルボルンにいる間に1ロール目を撮影し、同じくFilm Never DIeで現像に出してみました。

メルボルンのフィルムカメラ屋さん「Film Never Die」でカメラを買った。【オーストラリア旅行記】
カメラとかパソコンみたいなちょっと大きめの買い物をする時って、「本当にこれでいいのかな…」と直前になって買うのを迷ってしまうことってありませんか?笑 ぼくはまさ…
hiki3.com
フィルムカメラを購入した時の記事はこちら

「現像って英語で「Development」って言うんですね。」というレベルのぼくでも現像してもらえたので、英語苦手な方もぜひ挑戦してみてください。笑 お店の人本当にみんな超いい人なので、優しく説明してくれます。

ということで、今回は実際に現像した写真たちをご紹介します。

Film Never Dieで現像した写真たち

フリンダースストリート駅
フリンダース ストリート駅
トラム
横断歩道
階段
街
カフェ
並木道
ベンチに座る女性
木陰
歩道
ビル

フィルムはFUJIFILMのPremium 400。カメラには29mmの単焦点レンズが付いています。仕上がりの質感などは特に注文していないので、現像上がりそのままの写真です。

写ルンですや一眼レフとはまた違った写りで、個人的には大満足でした。

撮った写真を旅先で現像する楽しみ

現像代は全部で27AUD(現像代+日本への郵送代)。いつも日本で頼んでいる現像屋さんと比べるとかなり高いですが、旅行帰りのちょっとした楽しみになってくれました。このフィルムカメラの初ロールだったので、ドキドキでしたが個人的には大満足でした。

メルボルンに行った際は、ぜひフィルムネバーダイで現像を頼んでみてはいかがでしょうか。フィルムカメラ初心者でも優しく教えてくれますし、思い切ってカメラを買っちゃうのもおすすめです。

旅行中のほかのフィルムは日本に帰ってきてから現像にだしたので、そちらもデータ到着次第共有しようと思います。